FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング参加中で~す!ポチっとよろしくお願いしま~す!

別窓 | スポンサー広告 | | |
素晴らしかった!
2009-05-14 Thu 09:02
長かった一日は、あっという間に終わりました。

10時半頃ポリーニ氏はホールに到着し

舞台上に準備されてた3台のピアノを順番に弾いていきました。

自身で手を叩きながら、舞台上でのポジションを探して

ピアノを前に出したり、奥へ下げたり…

ピアノも順番に入れ替えてと、約2時間ほど試行錯誤ののち

ようやく本番で使用する楽器を決めました。

結局持ち込みの楽器でなく、ホールの楽器になりました。

それから専属の調律師ファッブリーニ氏が調整をしては、ポリーニ氏がチェックして

また調整しては、チェックして…と

そんな状態が18時まで続きました。


ぼくが最後にポリーニ氏の本番に付いたのは、14年前の来日時。

あの当時のポリーニ氏は、まだ50代。

表情も険しく、笑顔で挨拶しても、全くノーリアクションでした。

今回は、険しさはあまりなく、温かいおじいさんって感じでした。

楽屋前では、少し会話もしましたよ。

と言っても…

「エアコンの風が冷たいから空調を止めてくれないか?」って。

その対応に対して…

「Thank you!」とまで言ってくれました。

14年前とは大違いでした。

アンコール後のカーテンコールの際も

会場がスタンディングオベーションで万雷の拍手の中

舞台袖で、少しはにかんだ様子で

「どうする?もう一回出る?」みたいな仕草を見せたりしてました。


大阪に来るのは、ひょっとしたらもう最後かもっていう噂もある中

「巨匠」を目の前にして、素晴らしい瞬間に自分も立ち合えたことが

本当にこの仕事に就いててよかったって、心の底から思えた一日でした。


「Maestro! 本当にありがとうございました!!またぜひご一緒させていただきたいです!」


ランキング参加中で~す!ポチっとよろしくお願いしま~す!

別窓 | コンサート | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ご無沙汰してます。 | もりもりヤッシーの部屋 | 巨匠!>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| もりもりヤッシーの部屋 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。